倫理コンプライアンス方針

倫理コンプライアンス方針

QualityTime Consulting 株式会社(以下、QTC社といいます。)では、コンプライアンスを至大なる経営基盤であることを認識し、経営陣に『CRO:最高リスク責任者』を配置し、CRO主導のもとコンプライアンスを包括した形でリスクマネジメントを実施し、事前だけではなく、事後まで見据えた事業防衛を実現させ、信頼を構築していきます。

「信頼と実績」で言うならば、信頼なくして実績はあり得ません。

企業倫理コンセプト

  • 公平かつ適正な業務運営
  • 倫理法令遵守への取り組みを組織力に
  • 企業組織が社会に与える影響の大きさを自覚し、リスクを管理

そして、QTC社の組織風土へ。

コード・オブ・コンダクト

1.ステークホルダーに対するバランス

ディスクロージャー(情報開示)により、不正な取引・不当な手段による利益獲得を排除します。

2.法令遵守の徹底

法律・政令・省令・条約・通達を遵守します。

「知的財産権」
特許権や意匠権などの知的財産権に関する権利を侵害し損害を与えないよう努めます。
「男女雇用機会均等法」
女性の雇用を促進し、賃金や処遇等の格差を徹底排除します。
「情報管理」
情報セキュリティ及び、個人情報保護に関する関連法令を遵守し、全社的な管理体制の強化と継続的な教育・運用活動を推進します。

3.組織メンバーの『行動と責務』

互いの人格や個性・価値観などを尊重して健全な職場環境を維持し、人権侵害行為を排除します。
また、企業財産(顧客、取引先、自社に関する情報)保護義務を徹底し、不正行為を排除します。

4.倫理法令に関する教育・トレーニングの実施

『コンプライアンス・マニュアル』を策定し、それをもとに、社会人として取るべき行動を認識し、信頼ある企業活動に努めていきます。

5.倫理法令(遵守/違反)に関する相談・報告

内部告発奨励制度の導入により、「相談・報告窓口」を設け、早期発見・早期是正にて健全な企業体質を形成し、良識ある企業活動へと根付かせていきます。

6.倫理法令に関する監査の実施

モニタリング・内部監査による是正・予防措置を実施し、コーポレート・ガバナンスを推進します。

  • 2006年12月01日 制定
  • QualityTime Consulting 株式会社
  • 代表取締役社長 清水文也

このページの先頭へ