CSR活動方針

各社様々な企業理念を掲げ、優れた倫理観をもって事業を展開していることだと思います。 にもかかわらず、後を絶たない企業不祥事、個人情報流出事件、消滅する気配がありません。 一部の人間でなされたことかもしれませんが、法人ということでは同一視されます。

これらの問題を起こさぬよう組織全体で取り組むべき課題が、一部だけで実施されていたり、本来の活動の主旨が理解できていなかったりと、制度や方針だけが独り歩きしていては、全く無意味になってしまいます。上場企業やISO・各種認定を取得している企業だけの問題ではなく、個人と同等な法人格を得ている、大小を問わないすべての法人企業が取り組むべき問題です。

QualityTime Consulting 株式会社(以下、QTC社といいます。)では、昨今の社会的な問題を直視し、それらの問題を自らの立場に置き換え、是正・予防措置等の対策を講じる必要があるのではないかと考えております。

また、経営者や従業員にインテグリティ(誠実であること)を求める声が高まっている中、QTC社では、トップ・マネジメントによる率先垂範にて、従業員に対して「倫理、環境活動、情報の取扱い、労働に関する諸問題、提供サービスの品質」これらのCSR活動の方針を通して基礎を形成し、各々がそれらを活用し自立行動できるよう徹底教育を行っていきます。

以下が、QTC社のCSR活動方針モデルです。
PDCAマネジメントサイクル( Plan-Do-Check-Action)による継続的改善を基本としています。

CSR活動方針
環境活動方針
情報セキュリティ方針
個人情報保護方針
倫理コンプライアンス方針
メンタルヘルス方針
サービス品質方針
QTC社のCSR活動方針モデル

QTC社では、これらの方針を会社設立と同時に制定することで、企業経営活動に参戦する『パスポート』とし、それを持って『目的地』へ到達できるよう日々精進していきたいと考えております。

このページの先頭へ