採用案内

メンバー紹介

NB戦略事業部 セールス×マーケティング部 鈴木千絵里

就職のきっかけ

私は今まで大手芸能プロダクションに所属して、演技・グラビア・バラエティ等々、様々な芸能活動をしてきましたが、その中で一番[楽しい・やりがいがある]と感じていたのは、パソコンやゲームに関するお仕事でした。

そのような仕事を体験する中で、自分ももっとITの世界に関わりたいという思いが強くなり就職を決めました。

QTC志望の理由

私がQTCを志望した大きな理由の一つとして、少数精鋭ならではの教育制度が挙げられます。目標を明確にして達成するための環境と努力の成果をしっかり評価するシステムがQTCにはあります。

社員一人ひとりの教育がしっかりしているからこそ、提供するサービスにも「こだわりの品質」が実現するのだと思います。これは大企業にはない大きな魅力です。QTCならば自分の個性を活かし、IT業界で仕事をしていく上で必要な能力を伸ばしていけると感じました。

代表(清水氏)との出会い

就職活動を始めた頃、私は自分が芸能活動をしていたことに関して、企業側はあまり良いイメージを持たないだろうということを覚悟していました。

そんな中、代表(清水氏)は「今までの芸能活動の経験は、絶対これから先仕事をしていく上でプラスになる。」とおっしゃってくださいました。その言葉を聞き、自分のこれまでの経験を個性として活かせる場所があるんだ!と、とても嬉しくなったのを覚えています。

代表とは今までに何度かお話しましたが、仕事に対する質問や今後の展開について熱心に答えてくださり、毎回時間が経つのがあっという間です。

今後の私のビジョンコンセプト

まずはQTCの営業として、明るく親しみやすいセールスウィメンになるためにたくさん経験を積みたいです。元々好奇心旺盛な性格なので、一つの職種の枠に捉われず、QTCの業務に関わるたくさんのことにチャレンジしていきます!

最終目標ですが、QTCにとってなくてはならない存在、他の社員からもお客様からも頼ってもらえるような社員になりたいです。「QTCのことは鈴木に聞け!」って言ってもらえたら素敵ですね。

就職・転職をかんがえている皆様へ

大きな組織の中では、社員は工場の機械と同じく歯車の一つとして扱われることが多いかもしれません。

そうではなく、「自分を自分として活かしたい」という思いの方がいらっしゃれば、是非QTCでその能力を発揮して下さい。

みなさんは、巨大企業で埋もれたいですか?
それともベンチャーで輝きたいですか?

このページの先頭へ