業務プロセス管理

BPMとは

BPM:ビジネスプロセス・マネジメント

ビジネスプロセス・マネジメントとは、企業が掲げる経営目標を達成させるために一連の業務プロセスについて、分析・監視・改善といったマネジメントサイクルを継続的に行う経営・業務改善手法です。

BPMを用いることにより、縦割りの部門枠でしか理解していなかった業務の流れや情報システム管理者にしかわからなかったシステムの動きについても可視化、共有化を実現することができます。

低効率な業務やボトルネック(例えば、顧客応答時間の遅延要因など)を明らかにすることで業務の無駄を省き、業務の全体最適化を図り、業務の効率化が可能となります。

BPM:ビジネスプロセス・モデリング

ビジネスプロセス・モデリングとは、目に見えない業務の流れについて図示し、可視化するための作業です。モデリングを行うことにより、業務上の問題の範囲が関係者間で共通の認識になり、組織内部のグレーな部分が明確化されていきます。

モデリング方法としては、まず現状のビジネスプロセス(業務の流れ)である【As-Isプロセス】の文書化。次にハンドオフレベルや不要な承認作業、業務の流れでの例外作業などを分析し、改善された将来のビジネスプロセスである【To-Beプロセス】を導出していきます。

上記のモデリングを記述するために用いられる国際標準表記として『BPMN表記法』があります。【To-Beプロセス】では、文書化したものから改善点などを考え出すことももちろんですが、BPMNツールを用いることによりシミュレーション分析によるパフォーマンス評価指標の予測なども可能になります。

実際のシミュレーションデータを基に【To-beプロセス】を作成していき、実装に必要なビジネス要件や改善提案を行っていきます。

BPMN

BPMNではプロセスの詳細をダイアグラムに表示していき、異なるレベルのプロセスについて「サブプロセス」を使用し、階層的なモデリングを実現化していきます。また、トップダウン型のモデリング(エンドツーエンドの視点から下位レベルの詳細な情報へ)表記を行うことで、情報の煩雑さがなくなり、最初のレベルで業務全体像が掴めます。

そのため、システム管理者やソフトウェア開発者側だけでなく、経営者や一般従事者等のユーザ側にも視覚的に理解しやすいという利点がBPMNにはあります。

以下、サンプルとして病院業務プロセスの一部をモデリングしたものです。

病院業務プロセス

このページの先頭へ