提供サービス概要

システム開発方法論

QualityTime Consulting 社では、情報システムの開発に際し、以下の思考をベースに実践してまいります。

推進力 単純にプロジェクト推進ではなく、開発方法の提案、実行、蓄積、管理を担うリーダーを立て、そのリーダーの推進力にて、プロジェクトを成功させる。
技術力 外部スペシャリストのナレッジの提供を積極的に吸収し、社内技術者の技術力向上をはかる。
効率性の高いツールの開発も同時進行。
実行力 発想・アイデアを机上の空論で終わらせない。
効率的開発の実行、ナレッジ構築の実行、各自能力向上の実行。
連携力 調整事項などメールのみで済ますのではなく、基本は「Face To Face」のコミュニケーションをはかり、人から人への伝達の遅延を発生させない努力。
管理力 プロジェクト管理、ナレッジ管理、納品物、スケジュール、人的管理、利益計画。
発想力 瞬時に発想力を発揮し、ツール開発、ルール提唱、アイデアのブラッシュアップ。
チャレンジの推奨。失敗の推奨。アイデアの実測。
俯瞰力 プロジェクトの全体、現在地、誰が何をやっているのか。
一呼吸入れ、先の先を見通す。道を間違えていたり、遠回りしていたら即座に軌道修正する。
調整力 自己都合を優先するのではなく、品質と効率を優先する。
時間の調整、ルールの調整、臨機応変な微調整。休暇のローテーション。
図解力 視覚的直感の多用。あまり時間をかけず、図を作成し、会議や説明に用いる習慣・風習にする。
分析力 今、そして今後、何が問題になりそうなのか、問題規模・影響範囲を分析する。
誰がではなく、各自その意識を持ちながらプロジェクトの進行を調整できるようにする。
会議力 1時間以内に結論を必ずだす。コミットメント・リストの作成。
ダラダラ進捗会議の廃止。問題&課題に対する結論の影響範囲の把握。書記役設置。
「誰が、何を、何時までに、どうする」の結論をだす。
選定力 最良・最適な方法を選択できるか、複雑な考えになれば、複雑なシステムになり、それだけ工数が乗数的に発生する。
人間力 すべての問題は、コミュニケーション不足に起因する。

開発体制図

開発体制図

開発関連図

開発関連図

* プロジェクト・コーディネータ
開発体制内部での総合窓口を担う。
* BE:ビジネス・エキスパート
業界に精通し、業務面からの支援を行う。

このページの先頭へ